2012年07月17日

今更ですが・・・「一門の意義」

今朝は連投です。石澤です。

突如復帰して、公開私設の皆さんと再会し、ひよこの仲間と再会したわけですが、半年近く信Onから離れて、帰ってきてみたら鳳凰の章。

右も左もわからないまま仲間の皆さんからいろいろ教えてもらい、城ともを申請し、あるいはしてもらって、楽しませてもらっています。

そんななかで、離れていたからこそ?感じた、いわゆる「一門の意義」について少し書いてみようと思います。

結論からいうと、大雑把にいって、一門は「掲示板付き私設会話」になった気がします。

私のメインで所属している一門「ひよこ」は残念ながらリアル事情で長期休止を余儀なくされている方が多く(先日までの私も含む)、今プレイしている人もなかなか同時にあつまることができずに、「一門としての集団行動」はできていません。よくいえば、まったりと束縛のない自由な世界です。私もそんなところは大好きです。全然ゲームと関係ない話に盛り上がったりとかね。ただ、敢えていうならば、「なにをここに求めているか」という側面において、それぞれの価値観が以前よりも「より」異なってきているのかな?という印象は持っています。もちろん、一門の設立背景からすれば、ある意味当然なのですけれども。

ですがですが、非常に興味深いのはあんなに「一門攻略」に熱心になっていた世界が、私が復帰してみれば、その意義がゲームの世界的に、システム的に、「ほとんど」なくなっているように感じる世界になっていることなんですよね。

以前は、一門というゲーム内の仕組みがある以上、束縛に極力ならない程度(結局どーしても厳しくなりかけたんですが)にお約束をつくって、定期攻略会をつくって、「みんなでウマウマ」という環境を目指して、躍起になっていたのですが、あの世界は一体何だったのだろうか?というのが、今の世界です。いや、一言にそうなったことを悪いなんて言おうとは思ってもいません。ただ、割とシンプルに「以前の世界」に戻りつつある気がしなくもないです。争覇最後期にはじめた人間が生意気にもいうことではないかも知れませんが。

ということで、一門が、一門システムができる前の「私設」程度に回帰した(?)という点、また「ソロゲー」要素をいい意味で追加したという点では、かなりプレイヤーの自由度は増したのかな?と思います。実際感じることは、一門に所属していることと所属していないことの差というものが鳳凰の章ではないのです。

だからといって、私は軽く「一門システムは失敗だった」というつもりはありません。あの躍起になった感じも批判こそあれ楽しかったわけだし、苦労してクリアしたときの爽快感は格別でしたし、自分の至らなさも感じて糧となったしね。

ただ、やっぱり一門は「私設」化、「サークル」化してしまったのは否定することはできないでしょう。紆余曲折を経て、冒頭にも述べたように、一門は、「掲示板付きの私設会話」になったかーという感じ(笑)

復帰してたまたま、いろーんな意味でお世話になったり、ゲームの中身でないところで一門の立場でなく、個人的にほんのちょっとお手伝いさせていただいた提督さんにいろいろ誘ってもらったりして、今を楽しんでいるわけですが、はっきり言って、一門がちがっても今のシステムは誘う方も誘われる方も、何のデメリットもありません。うわあ、と感嘆してしまうくらいなんもありません。先日の密教移籍もそういうシステム的なメリットの享受という意味では、その必要性は、自分が誤解しているだけかもしれませんが、あまりないと思っています。ですので、そこらへんを感じて、「一門を移籍」するという感覚よりも、プレイヤーの「ネットワーク」を広げる手段として移籍という手段を行使したといった方が正しいです。そのくらい、一門の意義がライトになった、一門以前の私設くらいの緩い関係性になった、そんな感じがしています。

つきつめて、両方の一門の関係者の皆さんに語弊をもたらす恐れをはばからずに敢えていうと、親しく遊ぶ人を増やすひろがりを一門の垣根を越えて行うことの障壁がもはや全くなくなってしまった(逆をいうと一門システムがプレイヤーの繋がりを限定させてしまっていたともいえなくもない)。移籍したキャラが仮に(っていうか絶対あるはず)ひよこのみんなと楽しく遊ぶためにうごいても、どっちもデメリットがない。もちろん、所属がかわるという気持ち的、精神的な一体感がうすれるという危惧は感じたし、そこに迷いはあったんだけど。

桶狭間、長篠エリアはソロで、あるいは家臣を連れて人がたくさんいるところで、いい感じに「巻き込まれ」て、また、巻き込まれたくない徒党はそれが設定できて、適当に楽しめます。通常瓦に拠点戦の要素が加味されて、めんどくさくなる部分が極力排除されています。もちろん武将戦などは戦術も必要になりますし、職の構成・組立は必要です。が、他一門の人に助っ人を求めても全然いけます。現に私がわけのわからないのをいいことに寄生させてもらってあれこれ教わってやっているという。楽しいですけどね。いろいろポイントを教わっているので。

時代が変われば、廃れるシステム、生きるシステムは出てくるのでしょうかね。

半年いない間に、変わらない仲間との再会をよろこびつつ、世界は変わったなーと、しみじみと。

まあ、私はそれも悪くないなと思っていますけれども。むしろいろんなプレイヤーと遊べる要素は増えているのかな?なんて思ってしまいますが、その解釈は間違ってます?


↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
posted by 石澤の中の人 at 05:55| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こつこつ

おはようございます。石澤です。
連休はなんだかんだと後半はほとんど入ることができずに、朝になって入っております。

リアルな方の生活が昨年以降慌ただしかったのですが、「見当がつく」段階になりまして、そしてその前にお暇がありまして、実は今月いっぱい、かなり余裕があります。

なので、連休明けなのにこんな時間に更新しています。

6時の更新前にやっておくこと・・・それは城下町評点のポイントあつめと徴収w
こつこつやっております。

ところで、「城とも」募集を先日書かせて頂きましたが、お陰様で私が直接存じ上げない「城下町名」の方々からもありがたいことに申請いただいております。ほんと、ありがたく承認させて頂いております。

城下町名をここでだしていいものかまよったのですが・・・

・「修羅場」さん
・「ぱすてるぼっくす」さん

ありがとうございます。

とくに「ぱすてるぼっくす」さんは「ブログよんでます!」とメッセージまでつけて申請して下さいました。本当にありがとうございます。返信の手段をしっていないので(あるんですか?)なにわともあれと、こちらで御礼申し上げます。

今後とも宜しくお願い致します。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
posted by 石澤の中の人 at 04:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

密教一門移籍

こんばんは。石澤です。

毎日入れているわけではありませんが、こつこつと城下町評点はあつめています。
結構たのしいね。こつこつためるの・・・。

さて、表題の件ですが、このたび密教の澄Lv.62をひよこ一門の兄貴分とかってに呼ばせて頂いているマルサ一門に移籍させて頂きました。

理由はというと、単純にマルサの筆頭である提督さんとゲーム内ももちろん、趣味の話などでも大変親しくなっている関係でというところから、新しい一門、新しい環境(実装)にいって、世界を広げたいなと思ったわけです。特に、人脈を広げるのと、多くの場所にいって経験を積むのは、休止者の多いひよこにとってものちのち悪くないかなと考えました。

もちろん、ひよこも大好きですし、仏門と僧兵は今後もお世話になるつもりです。早く他の人もかえってこないかな〜と待ちつつ、それまでにいろいろ世界を開拓していきたいと思っています。

Nol12071402.jpg


↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
posted by 石澤の中の人 at 21:49| Comment(0) | 一門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

桶狭間に連れて行ってもらった

ども、石澤です。

仕事が8月から変わる関係で、7月はすこし余裕をもって遊べそうです。石澤です。

いろいろ教えて下さい。
今日も提督さんにガンガン拉致して頂いてのっかりまくって、桶狭間の仕組みを少しだけのぞいてきました。なるほど、あの拠点戦の巻き込まれ戦闘が進化しているわけですね。

信Onの生活が、一門での活動がベースになるということは確実なのですが、一門でなくても、同じ鯖の同じダンジョンでワイワイやれるというのは新たな境地かもしれません。なんというか、通常瓦と拠点戦が一所になって、その報酬が城下町へと繋がっていく感じ・・・。でも知行が死にコンテンツ化しますなあ。

なかなか楽しかったです。ボスの音楽がちょーカッコイイし。

比較的いいアップデート(新章)なのではないでしょうか?

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
posted by 石澤の中の人 at 00:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

しれーっと復活してみた

こんばんは、石澤です。

新しい生活の方も、慌ただしくもおおよその見当がついてきました。
いってしまえば時間を確保することには以前のような感じでは行けないことは確実になってしまったのですが、逆にいえばそこらを調整して、週1回、多くて2回くらいは入れそうな感じも出てきましたので、ゆるりと再開しようかなと思いまして。

七夕だから・・・信Onに巡り会いましょうかとw

今日は一門関係では爺、長尾さん、(動かないにょろさん)、マルサの提督さん、バニラさん、お友達の宮間さん、そして織田の与謝野さんにチラリと挨拶したり、とってもお久しぶりな猫さんとも会えました。

だけど、半年いない間に知らない名前ばかりになっていました春日山。
しかし、鳳凰の城下町、家臣などの仕組みってなんも考えないでいうとなんだか難しいけど新鮮。

まあ、いろいろ攻略系も行きたいけど時間が合わないとね。

まあ、いるだけでもワイワイできるゲーム(おいそれでいいのか?w)なので、ゆるりと参ります。

最後に、家臣の東城凜ちゃんと見つめ合っている写真で七夕を。関東は残念でしたね。

Nol12070803.jpg


追伸:城下町の名前は「頸城矢代石澤領(くびきやしろいしざわりょう)」となっております。長い名前ですが城ともよろしくぅ〜。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
posted by 石澤の中の人 at 03:38| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。