2011年02月28日

人取橋1追加南部信直(同時撃破)他

おはようございます。石澤です。今日はちょっと遅めにイン。でもなんかいろいろやりましたので、今日のメニューから。比較的野良参加の多い日でした。

(1)【仏門】人取橋1追加南部信直(追加の方)・・・動画付
(2)【仏門】鬼門比叡山1荒法師良明坊(伍色封じ)
(3)【仏門】比叡中級クエ支援
(4)【僧兵】通常瓦 昇仙峡
(5)【僧兵】特務瓦 黄泉の魔犬 extra 析雷
  
   の5本です。


(1)【仏門】人取橋1追加南部信直

まあたまには野良参加して自分を鍛えようと、求人マークを探していたところ、「人取橋1同時撃破」というのがあって、新城、南部両方に回復枠があったために南部さんの方に志願して(でもだめだったら、新城さんでもおねがいしますーと書いて)、お許しを頂き、参加して参りました。

野良さんはいろんな方がいるので、緊張もしますし、下手なこともできません。なので、私はそういうときは、予め自分の職とレベル、対象敵の経験などを伝えるようにしています。

たとえば、今回であれば、

「仏門62で中の人未熟者です。南部の方が未経験なのですが、宜しければ参加させて下さい。もちろん新城でもかまいませんー」

こうすれば、向こうの徒党編成者(オーガナイザー)なり、ホスト一門のメンバーが、あーこいつ下手だわ、とか、レベル低くてやばくね?と判断すれば、新城の方にも回してくれるかもしれないし、それでも手落ちであれば、体よくお断りが来るでしょう。

申し込む方も、受け入れる方も/断る方も、気持ち良くできる環境とか、配慮って大切なんだと思います。今回は気持ち良く受け入れて頂きました。ありがとうございました。

助力要請を受けて人取橋にはいり、私設会話にもはいると、なんと、私(とブログ)を知って下さる方がいてびっくり。たびたびこちらでコメントを下さった葵さん(密教)と相楽さんとこの一門の水無月さん、お声がけありがとうございます!特に葵さんとは南部組で一緒に戦えて良かったです。微妙に回復(蓮華−廻向)と後光−菩薩のシンクロが、同じことを考えているのか、石澤(仏門)が頼りないことからくるのかwわかりませんが、ありました。

南部組徒党構成は、密・士・鉄・刀・仏・法・典 
周囲には囮2名がいて下さいました

ま、そんなわけで、南部撃破の動画おきます。19分6秒。※今週置けないかと思ったら、週が更新されていて置けました。vimeoはアメリカの方の時間の木曜更新で週500MBフリーです。



(2)【仏門】鬼門比叡山1荒法師良明坊(伍色封じ)

その後は、鬼門比叡山の1荒法師良明坊。1回目7が早々に蘇生され、失敗。まあ、私も後光→双掌→蓮華repeatのイメージで行こうとしたところに、双掌あたりで全員に術ぶちまけられ回復追いつかず、アウトって感じでした。召喚さんもこの時は阿修羅という攻撃シフトだったので、2回目は私も双掌→蓮華とし、召喚さんにも姫を出して頂いて切り抜けました。アタさんなどなどの皆さんはみんなつよいので、すぱすぱ7殺し1殺しやっていきます。あんなにひよこで苦労したのにね・・・。そういう意味では、全然1回目も最初のひよこのメンバーでやったことのイメージよりもずっと可能性のあるものでした^^

徒党構成は、メモ忘れ・・・、仏、典、鎧、召・・・忍さんカブキさんいたなあ。ごめんなさい。


(3)【仏門】比叡中級クエ支援

それが終わって五大堂でうろうろしていると、真田ちんの軍学の中級クエがノーマル比叡山で云々ということで、鬼門比叡山にいって、そこからでて比叡山に入り、参加。
まあこいつらは簡単。余裕。


(4)【僧兵】通常瓦 昇仙峡

その後は加賀美さんと前田さんが通常瓦を昇仙峡でやっているというので、僧兵で参加。かるーくおわっちゃうと、あれだ、特務やって報告した方が得じゃないかとおもい、私が求人をして、黄泉の魔犬へ行くことに。


(5)【僧兵】特務瓦 黄泉の魔犬 extra 析雷

ちょうど前田さんが未経験だったので、じゃあ、初心者さんいますーってお断りを最初にしてやろうとしたら・・・まあクリアしたんですが・・・

武功が10入った
武功が10入った
武功が10入った

え?対象3人w

これに参加して下さった高レベル帯のベテランさんが「ウマー」ということをみんなで露骨に表現しw私もじゃあ、衣あるし、析どうかな?言ってみようかな?とおもってた絶妙なタイミングで、加賀美さんが、「よろしければ析雷もいかがですか?」の声。みんないくいくーwだわなw

しかし、野良で構成された徒党ではあったものの、皆さん大変いい人達で(ウマーがあるけどさw)、楽しく会話できたのはもちろんのこと、初心者プレイヤーや、初心者とおもわれる人に対して、「私もその特化持っているけど、その技能はココでは使えないからこうするといいよ」とか、析雷では初めての前田さんにたたいてもらったんだけど(犬は気を利かせずに私がたたいた。すません)、初めての人ってダイアログ読むから時間かかるじゃない?そういう種々のことを、さらりと、嫌味なくアドバイスしたり、「おー今読んでいるねー、うちらは読んでるヒマなかった(笑)」とかいいつつ暖かく見守る雰囲気があって、凄く気持ちが良かった。これを教えられた方、そういう雰囲気をどう受け取るのかは何ともいえないのだけれども、すくなくともうちの一門の前田さんはやりやすそうなことをひよこ会話でいっていたので、ああいう雰囲気を野良でも出せるといいんだろうなーと、私個人の価値観では思います。


まあ、今日も楽しかったです。また、ぼちぼちと行きましょう。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 05:22| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

pt狩りでdeath(中の人がw)

こんばんは。金曜の夜、いかがお過ごし〜?石澤です。
※ミル姉さん風なんだけど、わかるかな?

ええと、今日はもうログアウトしてきました。今週疲れたので、ダウンw病人がリアルの方で2回も飲む機会があり、その上明け方まで信Onですよ。やう゛ぁいことこの上なし!病人の自覚が足りない!そのくせ血液検査ではむしろ良好っておい。マジックじゃねえか。

さすがに、今日の日中の活動中には疲労感をかなり感じ、インは@Webの採集の回収と、一門関連の庶務をやって、ひよこ会話でお話そこそこに先ほどログアウトさせていただいたというわけです。

いやーノックアウトの極限は昨日ですね。急遽飲みが入り、そのあと、0:00過ぎにログインして、まず瓦の陸2をするっとやり、その後人pt1500位前日までに稼いだ僧兵の残りをやったんですよ。そしたら、爺さん、前田さん、双葉さん×2が来てくれるちゅうんで、とりあえず、やる(実は石澤、酔いでふらふらと疲れがこの時既に)。前田さんは0ptからだから、まあ前田さんは、私が倒れたら、双葉さんに預かってもらおうwと無責任なイメージで開始したわけだ(ごめん双葉さん、前田さん)。

爺さんは既にやりこんでいて、疲労感満載だったのでw支援に感謝しつつも、「期待はできない」状態で、しばらくして退散、お疲れ様でした。

そのうち、双葉さん×2がたまり、私もあと少しでたまるので、すこしだけそのままで付き合ってもらい、pt達成。双葉さんはまだ×2チェンジの枠と時間的余裕あり、前田さん「朝までやります」宣言あり・・・。

んじゃ、先日も書いたとおり一番ひとりでptやりにくい、密教だすっぺー、ということで双葉さん2キャラと、石澤密教0pt参戦、前田さんは1300位?だったか。

ということで、キャラチェンジの際に、前田さんに「党首の練習」名目で党首になってもらい、あまり今までであれば見ることのできない「徒党」コマンドの隊列みてみてーといいながら、キャラチェンジ。


密教は私の今のキャラのステータスと装備では、実はソロでは何ともしがたくて、実は育てたくても育てにくい状況にあります。なので、ちょいと無理して仲間がいるときにやっとかないとならんわけです。

密教のpt狩り実装・・・といっても密教独特でいえば、廻向の印・弐くらいしか実は速攻性のある技能がない。僧共通の是生滅法はあるけれども、まあいずれにしても気合をかなり使い、時間効率はわるいのです。あ、双界法句という水or火のどっちかにステを集中させればつよくなる技能はありますが、潜在の修羅全振りではあるものの、装備が未発達の密教にはパンチ力がありません。第一、詠唱もらうか、自分で真言かけないといけないわけで。

装備で話しをそらしますが、そんなわけで、胴装備が実は修羅装備デフォルトで(ウソーって先日気づいた&思い出した)胴の知力装備はなかったのです。ちなみに、そろえようと思えばそろえることができるのですが(先日の鬼神秘石でゲットした知力石もあるし、ダルマもあるし)残念ながらいいグラの装備がなかなか売られていません(そんなとこかよおい!いえいえ愛着湧かせるのにはそこも大事)。なやみどころです、次回アップデートで新グラでるんかな?と期待を密かにしています。密教だけにw

※ちなみに、頭は先輩につくってもらったもうす笠×2に適当な石をいれて知力/修羅(水)を分けていて、あとは袋で知力/修羅をわけている状況です。もっとも密教はもっぱら知力なんだな・・・やっぱ先輩に教わったように、修羅は雑魚メインなんだな・・・と。


話しを大幅に戻します。

そんなこんなで、人雑魚ですが、ひとまず私はやれるだけやる。双葉さん×2は3000やるみたい。前田さんはとりあえずあとののこりをやる・・・。

で、前田さんたまる。新進の隊列が使えたので、前田さんは修得で続行。となると、もう石澤やるしかないではないか!結局やった。やったった。みんなで3000とって、修得とってハッピーになった。

けどつかれた・・・。

なお、密教は前述のとおりやることが限られるので、1体の敵には限りなく参加しない方が効率がよいため、お二方にことわって、さぼってました。だって廻向ウエイトでかくて、途中ではいっても時間のロスだけなんだもん。空いた時間は寄合所で勉強していました。でも党首の練習の前田さん、上手いタイミングで3体をたたく、石澤、お仕事お仕事〜w前田さんに「私がサボっているの見えてるの?w」と突っ込むくらいに、絶妙にサボれないwww

そのかわり、僭越ながら、前田さんに戦闘画面の味方。コマンド前/コマンド済、ヘイト、バーのごく基礎(ココ私がわかってない)なんかを簡単にお教えしました。実はここらへん、私も最近知ったわけで・・・wまあ、それはいくら何でも昨年中だけど。ただでサボるわけには参りません!


そんなわけです。だらだら日記。

お疲れ様でした。今日は休みます。またインしたら、皆さん遊んで下さいね!

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 22:22| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

鬼門ラスト/慈眼大師天海【動画付】

おはようございます。石澤です。
今日は珍しく早めのイン。すると、なんだか一門ダンジョンで鬼門ラストやるという話でしたので、了解しつつ、時間まで僧兵で人ptを。

本当は密教育てたいなと、気持ちがシフトしつつもpt狩りは僧兵が圧倒的に気軽にできるので。まあ、もっとも僧兵の上級が伍入ったばかりなので、はよう蘇生と蓮華覚えろやってな話しですね。そういう意味で僧兵育成はまちがっとりません!


つうことで、鬼門3慈眼大師天海は、都合3回挑戦しました。

初めの2回の構成は、

軍・鉄・暗・仏・芸・鎧・古

1回目の仏の私は知力魅力を上げる代わりにやや生命が下がる(240)シフトでいったのですが、6200ほぼ満タンの旗=私が呼び出し天狗7番の物理どーんで死亡。

2回目は回復役としてのややミスから、全員が削れた状態で、私にどーん。

ということで、3回目に成功しました。
3回目の間に残念ながら武芸さん、古神典さん時間切れということで、すでにいらっしゃった方の2アカ待機さん発動。

軍・鉄・暗・仏・芸・鎧・能



となりました。こちらで無事。

なお、30分で撃破しないとダメな慈眼大師天海ですが、動画を録画していたおかげで、時間が把握できました。残り1分位で撃破です。

お疲れ様でした。
ひよこダンジョンにお越し頂いた方、支援頂いた方、ありがとうございました。
戦闘メンバーだけでなく、転生与生気メンバーもね。おつおつ。

しかしなあ、上覧のように、せめて一門内だけでも、戦闘中の画面見ることができる仕様にならんもんかねえ?

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 04:12| Comment(7) | 一門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

レベル60僧兵がやっと陸攻略?ほか・・・

えと、毎日信Onしているんですけど、ネタが切れているわけではないんですけど、終えた頃には既に「即寝る」時間なので、なかなかかけていませんでした。

おはようございます。石澤です。

今日はタイトルの、

・レベル60僧兵がやっと陸攻略?(昨日)



・鬼門比叡山ボス2「墜ちた駒王丸」の転生待機で何か出た!(本日)

の2本でございます。


・レベル60僧兵がやっと陸攻略?

加賀美さんのPS3にゅうキャラがそんなお年頃ということで、参加させて頂きました。当初は蘇生回復枠がいないということで、私のもはや定番古株仏門をだすことになったのですが、途中で真田さんが私の僧兵が対象でなかったかときいてくれて思い出しました。そうだった。とっくに忘れていたが、僧兵はまだ案内役クエスト中だった><

そんなわけで、対象のキャラの「あの徒党全員で消えることのできるアイテム」でするすると鎧鬼まで。初心者なら誰もが苦しみ、1時間以上は必至のあの陸1がいともたやすく5分でいけるってw

構成は
Nol11022200.jpg


余裕で、陸1を終わらせ、2もやっちゃう?的な感じで、余裕に終わり・・・。ですが、石澤地図的には何となく覚えてはいたんですが、出口がどうたとか、そこら忘れてました。たぶん陸に来たのは1年くらいぶりです。

以上が昨日の話。


・鬼門比叡山ボス2「墜ちた駒王丸」の転生待機で何か出た!(本日)

これは今日。私が遅く入ったので、入った段階でみんなが鬼門比叡山にいるのがわかりました。市さわってなにしよっかなーとおもっていると、皆さんが声かけてくれたので、とりあえず鬼門2になんらかの形で参加しようと。仏門は一番装備的にもいいし、技術的にも割合安定しているので、密教か僧兵で参加したいんだけど、というと、じゃあ密で転生!ということで、仰せつかりました。転生のお仕事1回で箱ごちそうに。

そこででた神秘石がこちら・・・。

Nol11022301.jpg


きたねえ。ガチ知力変態神秘。高千穂のようなバランス性はないけど、また鍛錬が余白ないけど、知力よりの胴装備を持たない密教には大きな収穫(現胴装備はなんと修羅装備水52、知力16とか)。ありがとうみなさん。そんなわけで、早速知力用胴をと、市見に行きましたが、素敵な衣装はなく・・・。3月のアップデートか何かで素敵なグラの服が出ることを期待します。

そんなこんなで、今日のところは・・・失礼します。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 04:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい

瓦の更新が行われたあとの今朝のこと。

微妙な時間に入ってしまったため、いつも何故かそこにいる、Sさんがいて、何となく雑談をしたあとで、九州の瓦行こうと。

紺碧の本日のメニューは、「大友野戦2耳川」でした。

結果からいうと、行く資格のない僧兵が、求人をして、徒党完成後に党首がいけないとかいう醜態をさらしてしまったわけなのです。なんか最近やったよね、私。いつまでも学習しないというか。あきれます。

参加頂いた方々、盾おねがいした方、本当にその節は失礼しました。

実は私のキャラはほぼ全てにおいて大友が手薄で、僧兵に関してはpt0という認識はもっていました。思えばこの認識がなぜその結果へと結びつかなかったのかという話。すべてのフィルターが通過してしまった、イヤなミラクル。

Sさんの名誉のためにも、Sさんを責めているわけではないことを理解した上で以下読んで下さい。

まずSさんが、行きたいキャラでどうぞといってくれたので、んじゃ絶賛育成中の僧兵でと。

この時「僧兵は大友ptないけど、野戦ならいけたよね?」と確認を会話でしています。
※つまりここで野戦2ということを認識しながら行動として1のつもりでいた私がミス。
※そしてSさんもなぜか勘違いというか、キャラの設定等で、手が空いていなくて私の発言をスルーしてしまったw

そしてそのまま求人を開始する。
一応自分で構成をイメージしてはいたものの、実際はSさんが提示・教習してくれて、それとほぼ変わらないイメージなので、内心ほっとする。

☆イメージ

兵(行けなかった人)・典−求人■蘇・盾(1〜2)・kpアタyアタ(2〜3)

程なく神通さん対話。
程なく忍法さん対話。
程なく演舞さん対話、仏門・殺陣2アカさん対話。
構成と、対話の数により2アカさんにお詫びとお断りを返答し、演舞さんに。
ちょっとして、僧兵さん対話。

そして盾がいないwこないw
見れば同時に3徒党が同じ目的で盾を含んだ求人をしていることに気づく。

まあ朝なのでしかたないとは思いつつもいちおう党首ではあるので、早急に対応すべく、電凸(検索による個別対話突撃)。ひとり反応なし。もうお一方の対話で、快諾していただきました。

やっとそろった・・・。はじめるぜベイベーなんて余裕ぶっこいていたら、まず野戦2入り口の立花道雪がみつからない><仏門できたことあるんだけど、どうも府内城の噴水のあるあの中の構造が苦手なのです。実は。そして、みつかったとて、無視されるわけですね。

中の人すでに大汗なんです。必死なんです。

ということで、幸い私の持つ他の2キャラで行けそうな徒党編成ではあったので、yでも術防御でも廻向でもいける、ちょっと毛並みのちがう密教へと、お詫びしてチェンジしてはしる。

が、ここでまたイヤなミラクルが・・・。

こいつは紹介状で2000位あげていたはず、と思っていたのが、密教も0でした><これは真面目に想定外。九州瓦も数回はいっているし・・・みたいな余計な先入観がわるかった。そしてさらに汗をかく。

結局仏門ですよ。

Sさんが私のチェンジ中に、役割を打ち合わせていてくれて、神通さんが、蘇生回復を担い、私は徒党フォローと、その確保ができた段階での、是生&破魔ミックスアタックということになりました。

皮肉ではありますが、仏門は中の人の経験も一番あるものなので、妙な安定感はあります。結果ほとんど事故もなく、5まで貫通。ただ、それ故に他の2つを鍛えたかったというのもあったのですが、それが結果として参加して下さった皆さんに迷惑をかけてしまうことになりました。

やばいね。この状況。
中の人の経験値たりないからこうなるんだけれども、野良行動と、ひよこに対してのフォローサポート、および攻略における主体的行動の実現のためには、敢えて恥と、失敗は必要とは考えているものの、なかなかね。

周囲の方には迷惑な話ですが、この成長過程を楽しむことも、ありだろうとは思います。緊張感ね。逆に、迷惑をおかけした分際で生意気いうのですが、これを新しくやる人が過程として挑戦していかないと、また周囲がある程度許容しないと、いよいよ信もやう゛ぁいんじゃないかと。 ベテランにおんぶにだっこは本人のためにも、先輩のためにも、初心者さんにとっても、そしてコーエーさんにとっても、よくない話だと思います。

ということで、重ね重ね関係者の皆様にお詫びするとともに、次の機会あれば、懲りずにおつきあい下さいませ。

大変失礼致しました。


追伸:僧兵、3日前にレベル60になりました。そして特化優先施策のため、いまだ上級は四です。智拳印も弐、如来救世(蘇生)まだ、蓮華まだのキャラなんです。まだまだこれからなんです。


↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 16:35| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

【続編】やめようと思っている新規さん必見?

こんばんは、石澤です。前回このタイトルで記事を載せさせていただいたところコメントを既存さん新規さんそれぞれからいただきました。またランキングに参加しているブログ村からの記事ランクに一時1位に、べるるんリーダーでも久しぶりの上覧風ブログランキングにランクインさせて頂いたとおり、信Onプレイヤーには関心のある記事だったのではと思っています。

そこで感じたことは感謝と同時に、おそらくどの鯖でも同じように起きている「世代間ギャップ」の事象であって(実年齢的にも、プレイ年数的にも)、しかもその事態は深刻なのでは?と思うのです。

先日、池田ばるとさんの「ばるさん」ブログ(http://barusannosmoke.blog91.fc2.com/blog-date-20110203.html)で拝見させて頂きましたが、4gamer.netでの調査(http://www.4gamer.net/games/000/G000000/20101227060/)で、信Onのプレイヤーの平均年齢が32歳であったという事実にはちょっとショックではありました。信On開始時にある程度お金を自由に使うことのできる18歳以上のプレイヤーがそのまま継続したとして最低年齢が26歳、大卒くらいでちょっと余裕の出てきた兄さん姉さんがやるなら30〜32歳というのはなんかうなずけます。もちろん、当初からもっと年齢の高い人がいたのもおかしくないし、途中から始めた人だっていますから、いまや年齢分布が歴史と比例する部分にどのくらい影響を与えるのかは少々微妙なところもありますが、少なくともいえるのは歴史のあるゲームではあるので、「比較的年齢の高いプレイヤーが多いゲーム」とはいえるのではないでしょうか?

一方で、PS3プラットフォームを持つ層というのは、その歴史の浅さからも比較的若年層かつ、未だ限定的なソフト販売の展開から、「コアなゲーマー」が主たる層であると推測されます。年齢は言い過ぎかも知れませんけれど。※ちなみに信Onは持ちませんが石澤もPS3は持っています。なぜか。そんなにゲームに凝らないのに。前回も書いた様に信Onは奇跡的な継続具合なんです。

以上の様な例によって若干強引ではありますが「既存プレイヤー=年齢高め、新規プレイヤー=年齢若め」と「類型化」してものを話します。そうでない人もいるのは承知済みです。ご了承下さい。

前置きのいつも長い石澤ですが、ここから考えるに、信Onについて手探りで「苦労」的な楽しみを享受してきた既存プレイヤー(しかもその時は学生なりなんなりと時間はあった人たち)は、いまや社会人としての中核を担い、ゲームの世界にはできるだけ、効率的に関わりたいと思っているのではないでしょうか?新人?えー教えるのめんどくさいし、自分で調べてよ、的な人もいるのでしょうが。もし、そう思われている方がいるとしたら、みなさんの立場境遇もわかりつつも、何らかの行動をしないと自分たちの楽しんでいる信Onの長期的な継続発展はないだろうし、結果残念なことになります。もちろん開発・運営の適切な世界把握と調整は必要でしょうが、その中のコミュニティーと風紀維持、仲間との互助はやはり、プレイヤーにかかっていると思います。

※実をいうとこれまでのプレイヤーは、信Onのバーションアップによる改善/改悪の歴史あれど、いい時を過ごしてきた方だとも思います。

一方、新規さんは若い人が比較的多く、時間的にも、内容的にもこの世界を知ることにどん欲で、がんがん動きます(ちょっと不思議な動きかたの人もいますけど)。よく動いているひとを実際見かけますし。既に何回も推測としてこのブログに載せていて、おわかりかも知れませんが、おそらくコーエー開発・運営陣も、既存プレイヤーの意向もそうとしか考えられないのですが、この新規の皆さんに「速く既存プレイヤーと同じだけの技術と装備を身につけさせて、さらには、一門にも所属させて、鬼・松・人ダンジョンにいけるだけの楽しみをあげよう」という意図が見られます。だからこその無料60日プレイ付加(1回課金で120日)、新鋭の隊列で足が速くなり、経験値ボーナス付加、ソフトに10万貫ないし、20万貫のシリアルキーがついているのだと思います。なので、以前から私はいっているように、新規さんについてはコーエーさんがそのもくろみ(成長のさせ方という楽しみ方)を一方向に規定していたんですね。

ただ、現実的にコーエーさんが規定したような楽しみ方をしている人もいる一方で、そうでない人もいて、しかもそうでない人の方が、感覚的で、数字的な証拠はないのですが、むしろ多い気がするのです。そしてそのそうでない人のほとんどが、楽しみの部分を楽しめていないという現状があるのかなと・・・。

ここでいいたいのはだからといってコーエーさんの意図の様になることが最善であるとは思っていないということです。それはあくまで1手段であり、確かにそうすることで楽しくすることもできると思います。ただ、私が問題とするのは、その提示された1手段の「最終目的=強くなること」に目を奪われすぎて中身(技術)のないプレイヤーが増えてしまうことを危惧しているのです。そして中身のないプレイヤーになることを目指しているんだけれど、それにもなれないひとについても危惧します。いずれこの世界から退却されてしまうことになりますから。

例えば、レベルを上げて技能目録を取得して、いわゆる「強く」なったとしましょう。でもその技能を使う中の人がどんな場面で使うかを理解しなければ、その技能があっても徒党7人で攻略するゲームとしては意味のないことでしょう。党首や徒党の打ち合わせであなたはこれこれの技能使ってね、という指示もありますけどね。

装備は防具であれば何万貫もするのがほとんどで、しかも共晶付きの宝玉も数千貫〜数万貫、神秘石は九州行かないとなかなかとれないし、付与石なんて双晶石に鍛錬度1,2の付与石を精錬したあとではめ込んで防具にいれるとか、そんなことをすれば、10万なんてあっという間になくなります。とても気楽に余計ななにかを買えるお金の量ではなくて、3キャラ作れる信Onの仕様でもせいぜい1キャラ育てるだけで非常に困難なはずなんです。当初の知識では。ここらあたり、新規さんわかっていましたか?そんなわけで、私達の周囲で新人さんにお教え差し上げるときは、まず1キャラは「正しく」育ててみることを勧めています。いろいろな正しさはありますが、まあ今回の場合は上のようなこと。

※しかもこんな宝玉や付与石、双晶石、神秘石の説明なんて、実は中級クエストで説明してくれる(今もそうですよね?)けど、その時には「なにいっているか」意味わからんし。少なくとも私は全然わからずあとで、勉強した上で質問してわかった。

※なぜまず1キャラを育成することを勧めるかというと、ある程度いろいろなダンジョンをまわり、自分のロール(役割)、他職/特化のロールを見ることによって、自分が次のキャラをどんな風にしたいかがイメージしやすくなるし、したがって育てやすくなる(内容理解と育成の高速化)のです。

また、それ以外であれば、まあ、初心者は初心者同士であーだ、こーだいって楽しむ方法もあります。これで、提案したのが、先月からいっている公開会話の「初心者の部屋」です。初心者間のたまり場として使って貰って、いろいろ情報交換や発見などしつつ、やっていって貰えれば、結局発見したり、経験した分だけ、プレイヤー自身の知識と経験が深まり、より楽しくなると思うんですよね。これは、すこし上のこととベクトルが違う(むしろ既存プレイヤーと新規プレイヤーが一時的に隔絶する)ので、考え方にもよりますが。なお、とりあえず、周知不徹底という反省点もありますが、この部屋に入って下さる方が、のべでも20人行っていないということは、やはりトレンドが上述した、既存プレイヤーと対等になって遊ぼうと志した人ということの証拠でもあるでしょう・・・。嫌みに聞こえるかもしれませんが、その割にはなかなか育成をうまくいかせている人を見かけないのですが。ちなみにひよこ一門にセンスのいい人が2人入ってくれていますが、どうやってそうなったのか、今度聴いてみよう。

まあこうしたことを俯瞰的に見て新規さんがプレイできるかというと、そこまで容易にプレイできるほど信Onが浅いゲームではないわけで、やはり、絶対それが必須とまでは行かなくても、先輩とのコミュニケーションを楽しみながら、いいところは学んで頂くっていうのは全くのありだと思うんですよね。

ところが、新規さんではコミュニケーションをとるのがうまくないひとが多い様に見えます。前の記事で新規さんが「先輩が怖い」と書いて下さいましたが、そういう雰囲気に見えたら申し訳ないことですが、逆にいえば、そこまで強烈に何かをさせようとかは意識していないということは思って下さい(もちろんがっつり教えて欲しいひとなら、それなりにしてくれる先輩もいます)。もしその雰囲気を感じるとすれば、先輩が過去の轍を踏ませないようにとおせっかいしていると思って下さい。すくなくとも、越後のひよこはそういうところです。また仕官したら各城下町にいるキャラクタがほとんどレベル60以上で緊張したというのは、私も2年前に感じたことです。「こえええ、おれいつなるんだ?」と不安に思っていたら、のんびりやっていても1,2ヶ月でなってしまいました。なので、逆に60でもヘボいひとはいますし、ここに仏門62の変な行動をする人もいますから、安心して下さい(私自身は安心しちゃいけないんだけど)。

あとはまあ、一門とか私設になると既に仲のいい集まりの仲に入っていくことになる訳ですが、どの私設も一門も新メンバーを喜ばないはずはないと思うので、勇気をだしてみて。最初は興味からいろいろ質問攻めにあい、めんどくさい(w)こともあるかも知れませんが、それだけ注目されているということです。あとはその集団の質と場にもよりますが、インしたときの挨拶と、アウトの時の挨拶があれば、その間は黙っていても、文句は言われないだろうし、気になる会話があれば口突っ込めばいいし、質問したいときに質問すればいいじゃないですか。質問のタイミングというものは確かにありますが、それまっていたら、いつまでも話しが終わらなかったりするので、適当に横から入るのも手です。ひよこでは、わりと2つ3つの話しが同じスレッドで同時進行するのをよく見ます。見にくいですが、特に問題も苦情もでません。


さあ、やめようと思っている初心者さん、とりあえず徒党を組んだ人と話してみましょう、私設会話・公開会話のぞいてみましょう。

既存プレイヤーのみなさん、このまま人口の減り続ける信Onでいいでしょうか?腐っても鯛、信Onで知りあった大切な仲間や、なんだかんだといいつつ攻略できるフィールドと世界で遊ぶことを今後も続けていけるように、後進の皆さんにそっと手をさしのべてみませんか?無理なく、できる範囲でね。押しつけなくね。

※追記:ただ、既存さんも遠慮しているのかも知れないし、新規さんも遠慮しているのかも知れない。リアルでも他人に関与しない世の中だからねえ。私としては最低減の礼儀さえ失わなければ、いろいろ質問したりしていいと思いますよ。


最後に、今のキャラよえええんじゃねえの?デリートしてつくりなおそ、としている方に参考までに初期振りのご案内。あくまで参考ね。現在更新停止されていますが、仙道ちぃさんの記事http://blog.goo.ne.jp/nurseman2000/e/5341064bf9bdee066ac68608f98e123bを紹介しておきます。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 19:39| Comment(8) | 信On世界/組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良中心は勉強になる

おはようございます。今日もせっせとやりました。ただ今週の水曜日は用事があるので、あまり遅くまでできませんので、このくらいで。

今日はインするのがおそかったので、入ると既に一門関係の皆さんは鬼門の1のボスと雑魚3000ptをやっていたようで、少しご相伴にあずかろうとしたことには終わっていたらしく、機会を逃しました。

ということで@Webの採集物を蔵持ち山伏から回収後、市に陳列してからさて何やろうかと。

とりあえずこんなメニューになっています。

・【僧兵】通常瓦、浜名湖底洞穴

・【僧兵】特務瓦、黄泉/析雷

・【仏門】野良応募、人取橋1

・【仏門】野良応募 鬼門1


浜名湖底に関しては加賀美さんが先行してやっていたので混ざろうかなと思ったのですが、2アカでめんどくせーとか、じゃあ引率するので奥でやろうというと、気合い削られるからやだーというので、てけとうに周囲に人がいるところでやるようにしました。途中レベル47×7の気合削り君達を周りに人が入るのを確認してたたいたにも関わらず、誰も助けてくれずに死んだことはここだけの秘密です。一応お供の鍛冶君もいたのですが、ぜんぜんかなわず。最後は加賀美さんと合流しましたけどね。2戦しか。

特務瓦については通常瓦やったなら特務やってそっちを最初に報告した方がいいと思い、急遽深夜に募集開始。ひよこ会話からは、鉄、刀、古、仏、兵といたので、一応、yアタ、kpアタ、術アタのうち2人いればいっか程度で募集開始。深夜なので選り好みができませんし、僧強い敵でもないので。けっか術忍さんと暗殺さんがきてくれました。さくっと終わって終了。

おわって何やろうかと思っていたら、人取橋1の野良募集があったので対話して参加。人取1は新ダンジョンでもっともやっているボスではあるので、そんなに難しいことはないと思い、やってまいりました。無事終了。偶然上杉の一門さんの支援でした。

徒党構成は、法・士・召・刀・仏・古・鉄

それが終わってもまだなんかやろうと思ったらもう一つ人取橋1の募集があったので乗っかりました。んで松島五大堂で人取橋に入ろうとすると・・・あれ?入れない。党員さんに人はいれないんですけどーというと、「あ、鬼門1ね」と。私募集内容見間違えたかな?と思いつつ、ま鬼門1もやったことはあるし、対応可能と、やって参りました。

徒党構成は、演・法・鎧・仏・召・芸・雅

新ダンジョンの攻略にはやはり一門なり徒党なりの攻略の微妙な違いがあるようです。そういうことに気づけたのが今日の収穫でしょうか。今日の党首さんの指示依頼では、開幕は後光の次鍛冶と武芸(反撃くらうから)双掌ということでした。私の記憶が薄れているだけかも知れませんが、あまり鬼門1で後光を放ったことがなかった記憶があるので、なるほどとおもいました。まあ、相手はほとんど僧なので、そんなものもだしてくるからかと。

【おさらい-後光・菩薩の光明・孔雀明王法の違いと使い分け】

あたりまえっちゃああたりまえだけど、口で説明するのは意外とあいまいなのがこのあたり。なので、解説しちゃいます。<参考:信長の野望オンライン寄合所>

■後光〜仏門特化・参〜※菩薩の光明上位技能

味方全体の呪詛に対する耐性を上げる
 に対する抵抗力アップ
 に対する抵抗力アップ
 無属性呪詛に対する耐性のアップ

つまり▼(各能力の低下呪詛)に対する抵抗がアップするわけです。


■菩薩の光明〜仏の道・六(僧全般/実質的に密教・僧兵)

無属性呪詛に対する耐性が上昇する。


■孔雀明王法〜密教特化・弐〜

一定時間、徒党員全員の術攻撃ダメージを軽減する
わかりやすく術ダメージがへるんですね。1/3位の被害になるそうです。

--

話しはもどって、鬼門の1はかなりメンバーの方々も慣れているようで難なく侍の7をさくっと倒してつづいて1もさくっとたおして、古神典のランダム化回避の静心もつかわないでもやすやすと倒して終えてしまいました。テクニカルな倒し方は提督さんから教わった方のやり方の方がおもしろかったですが、さくっとやるならこういうやり方もあるのね、という印象で勉強になりました。

ちなみに一門のみんなには、そういうときに、自分のキャラの回復量とかも確認しておくといいかも等アドバイスをいただいたのですが、周囲の皆さんに迷惑をかけまいと気を遣い、余裕がありませんでした。へたれ感満載です。

というわけで、今日の日記終わり。

合戦週も終わりました。今週みたいに疲れないよね?次週。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

やめようと思っている新規さん必見?

紺碧上杉は現在合戦中で、私もなにやら合戦に没頭しすぎてくたびれています。石澤です。今日はどうするかな〜。

今日は帰りに天気が雨になっていて、夕食を食べて外に出たら雪に変わっていました。

「♪雨は夜更け過ぎ〜に〜 雪へと・・・」というまさに神展開。今夜は関東地方雪だそうです。実家にいた頃の感覚から、雪が大粒であること、しめっていること、外気がそんなに低温ではないこと、あたりで、つもらないのでは?などと思っていたら、近所の車の窓ガラスに少しつもり始めていたので、ちょっとバカにできないかな?とも思います。いずれにしろ、明日朝の交通が乱れませんように・・・。

そうそう、帰りに電器店によってきたのですが、初めてPS3版の信長の野望Onlineのパッケージを見かけました。今年の12月31日までに課金すると初回の課金で120日サービスされるんですね。4ヶ月分とはお得です。おまけに10万貫ついているんでしょ?石澤も初期型PS3をガンダム無双したいがために買いましたが、残念ながらその後はほとんど使っていません。信Onも2アカはするつもりは元々ないし、仮にその状況をつくるとしても、パソコンとPS3をおいている場所が違うので、無理です。残念。

※追記:無料プレイ期間が課金前でも60日間あるそうなので、そうなると課金をしないでそのままやめる方が2月21日に頻出しそうです。このデッドラインまでになんとかしないとね。先輩!

さて、ながーい前置きの後の本論。

他のブログさんをみていて、一部の方々も指摘していますが、最近新参者(新規さん)減っていないか?というのが、本日のテーマです。

願わくば、これを読んで「やめる」を思いとどまってくれたら幸い。


実際一時期よりも里すくないよね〜と思う今日この頃(紺碧)。もちろん多くが仕官をしたとも考えることはできますが。

2月16日でとりあえず新鋭の隊列終了、まあ、その後新進の隊列というのが出てきていますので、実質隊列による優遇は継続するのでしょうが、PS3発売開始から2ヶ月、そろそろ、新参の方々はこの世界がどういうものであるかわかってきたことと思います。

しかし、この時期、うまくこの世界になじめない方は、無料期間終了、なんか上手く育成できない、装備が思うように行かないなどという理由で、退却をし始めているのではないかと思われます。単純に知人もできなければ、そろそろ飽きる頃とも思えなくないし。PS3同士の知人であればPlaystationNetworkでお友達関係つづければ、別に信Onしなくてもいいし・・・みたいなw

そういったことは、新規さん自身の過失(かといって罪ではないヨ)と既存プレイヤーの過失、コーエーの過失があると思いますが、今回は新規さんの特徴を類型(強烈な単純パターン化)として見て、ちょいと批判してみます。でも非難じゃないよ。

私がみている新規さんの特徴としては、すべての方ではないにしても多くの方が「ひとつにして全て」ともいえる共通点があります。逆をこの部分を上手く切り抜けている新規さんは既にいろいろな世界で遊べています。

すなわち

・人に質問をしない(新規さんの過失)

これにつきます。それともPS3に付けるキーボードの反応わるいとか?たしかにATOKは標準で信Onの辞書はインストールされないとかで不便なのはききますけどね。

たぶん長くなってしまうので、まず結論をいうと、こういうゲームは情報戦だということです。あらゆる手を尽くして情報を取得することが、結果として「速く」「強く」ゲームを楽しむことができるようになります。そういえばコーエーさんもプレイヤーズバイブルとかださなくなったしなあ。一応争覇以降の全部もっているんだけれども・・・。

とりあえず迷える新規さんに対策を挙げておきます。3つ

・勢力会話・公開会話を活用する
・徒党を組んで仲良くなった人やベテランそうな人に知人にさせて貰う
・ネットで検索する

勢力会話は仕官後デフォルトではいっているでしょうから、毎回挨拶したり、いろいろな情報が飛び交う中でききたいことを質問してみてはいかがでしょうか?特に質問することがなくても、また質問する内容そのものがわからなくても、挨拶していたり、ほんの少しだけ自分を前に出すことをすれば、ほかのプレイヤーの印象には意外と残っているものです。そして思わぬ時に助け船がでたり、支援が出たりします。まあそれだけを期待するのもちょっと問題なんですけど、いい意味で名前を覚えられることは、その後の楽しさを増させます。

公開会話は各サーバーで展開されている会話名は違うでしょうが、メニュー>集団会話>参加>公開会話>初心者>○○○○ ここら辺に初心者向けの会話があるので、そこの部屋の説明文を読んで自分の方向性にあっているものに参加してみてはいかがでしょう?紺碧であれば、「越後のひよこ」と「初心者の部屋」に私は基本的にいます(ただし初心者の部屋は方向性模索中、でも夜は誰かはいますよ)。

徒党を組んで、ボス攻略をしたときに、上手そうな人がいたら、質問させていただくのもいいかもしれません。ただし、教えるのが上手い人/下手な人/教えるのが好きな人/イヤな人、等はいろいろあるので、そこら辺はうまく判断を。もし攻略が初めてでわからないことがあれば、党首さんに「初めてでもいいか?」などと問い合わせればいいと思います。まあ残念なことにレンキ装備×とか出している求人もあるようですが(これは既存プレイヤーの過失)。そこらへんはさくっと無視して別のところ行きましょう。そんなことをしていると、信全体の発展にいい影響がない。

ネットでの検索については信Onの先輩がほとんど使っているとおもわれる、強大なデータベースがあります。


ここに何でも載っています。攻略に関すること、目録の内容とか、生産物の必要材料/個数とか、データ的なことはほぼ全て。是非見て下さい。私も何かきかれると、すぐココで調べてます。まじで。



逆に、質問しないとどうなるか・・・例を挙げます。

まず、このゲームを単純なレベル上げのゲームと考えるととんでもない目にあうということ。かくいう私もかつてその1人でした(ドラクエみたいにじゃんじゃんレベルあげて呪文覚えて転職〜♪みたいな)。そんなわけで何にも知らないでいると、中級クエストと瓦でやたらレベル上げの衝動に駆られます。たしかにレベルを上げるとキャラの生命気合、各ステータスが上がり、一見強くなったように見えます。しかし、全目録皆伝前であれば、例えば特化目録や上級目録の取得に際しての「修得度」の水準(厳密にいうと、低レベルの敵では得られなくなるとか、得られても少なくなる=難しくなる)も上がってしまいます。こうなると本当は先に持っていた方がいいであろう技能などが、修得できていなくて、しかもあげづらくなっていて、一時的に、ステータスの見た目強いけど、実はなんにもつかえないキャラができてしまうということになります。いいすぎだとすれば、しばらく育成を耐え忍ばなければならないということです。

また既に何回かこのブログで書いていますが、自分の職/特化におけるロール(役割)の認識とそれに応じて必要となるキー技能についても、これは先輩からきいておかないと、なにやら厄介なことになる訳です。

例えば石澤のキャラ(全部僧)の育成方針でいくなら・・・
・仏門・・・当初から回復役主眼で、蓮華(回復)/大日(蘇生)優先の育成(現在皆伝)
・密教・・・将来はは術攻撃/サポートの役割であっても、当初は回復蘇生役での育成(争覇から新星に移行したので、現在上級七残すのみ)
・僧兵・・・あえて回復ではなく、特化優先の育成(現在特化皆伝、上級参)


そんなわけで、九州行き始めたり、新ダンジョン行ったりし始めている新規さんのキャラがなんか勝てない、やたら死ぬ、徒党の方になにか要求されたが、よくわからない、最悪な場合はなにかいわれてしまう・・・etc.で「挫折」しているという現象は考えられないでしょうか?

おりしもPS3版発売2ヶ月後の今、ちょうどまさに信Onが楽しくなってきそうな頃に、自分のキャラがこういう風になってしまったとすれば、新規さんの立場になって考えると、「なんかめんどくせー、やめるかな?」と思わなくもないと考えられます。

※筆者は信Onが持続の過去の最長記録です。あ、オンラインでない信長の野望全国版はもっと長かったかな?まあ、あれはオンラインでないし。


次に、装備のそろえ方について。何名かの新規さんの装備等を拝見させていただきましたが、結構どうでもいい(決して使えそうにない)装備に何万貫もだしていたりすることがあります。これはご本人のコミュニケーションのミスだけでなく、ポンとPS3パックに10万貫とか20万貫とかくっつけてしまったコーエーさんも悪いと思います(コーエーの過失)。すなわち、新規さんに、そんな位のお金くれるなら、これくらい買ってもいいでしょう的な金銭感覚の狂いを起こさせます(出品者に悪意があれば問題ですが・・・一部既存プレイヤーの過失)。ちなみに石澤は最高でも30万貫くらいしか持ったことがありません。そもそも当初はジリ貧でしたからね。

そして装備のステータスの付け方、付与石の付け方、神秘石の付け方など、ここらはもう、先輩達にきくしかないのです。

でも、わからないでやってしまって、後でわかったとしたら、つらいよね?

でも、「あきらめないで!(真矢みき風)
とはいうものの、実はここで楽しめるか楽しめないかがある意味、今後の信On生活のターニングポイントであるとも思います。

やっぱり、自分に足りないものは何かを考え、適切なひとを探して質問することなんだな。ここ肝心なところ。だんだん質問にパターンがあることに気づくはずだから、そうしたら少し自分で考えて、上述のオンライン寄合所で調べていけば、かなり自分で対応できるようにもなります。

※石澤の1stキャラは初期振りからしてトンデモないものでして、すでに5回長期継続サービスの報酬「刻日の印」で初期ステータスを振り直しています。ご、5回!とか笑わないでね、ベテランの皆様。しかし、そうして育てたキャラは、また格別にかわいいものです。

ちなみに石澤の収入源は、@Web(アットウェブ)http://www.gamecity.ne.jp/nol/mobile/index.htmという月315円のサービスに入って(しばらくやってなかったけど再開)、最高12時間の自動採集をしています。これらの採集物を楽市(市司でプレイヤーが任意の価格を付けて売ることができる)に出して、販売しています。僧なので、紐はほどよく需要がありますが、海辺で拾う朱砂とくみ紐、あと水辺で拾う清水でつくる朱紐はほどよく売れます。これを含めて、だいたい週あたり5000〜10000貫です。がっくりきている新規さん、あきらめずにがんばってみて。

ふみこんで楽市の出店の仕方は、各城下町の「町年寄」に話しかけて入札する必要があります。1文以上のお金を支払って、メンテナンス後に結果をききに行くと成功/失敗が聞けます。成功すると、売り子をえらび、楽市できまーす。売り子は2週連続はできないので、3キャラ持てる信Onでは、うち2キャラで交互に入札/販売を繰り返します。まあ、それらを共通で倉庫で管理するとなると、「アカウント共有倉庫」というものが月315円で使えるのですけれどね。やだー。金のかかるゲームねwでも、マジプレイヤーは共有倉庫は使っているかもです。アットウェブはお金があるか、自分で採集に行くぜ、という気合と根性のある方なら必要ないかも知れません。まあ、知行とかスタックアイテムの生産とか便利な機能はありますので、お金出せるならあると便利は便利です。


まあ、話せば永遠に止められなくなりますので、この辺で。いつも通りまとまらない終わり方。最後にひとこと言うならば、私が教える側/教えられる側それぞれであったならば、教える側であれば、明確に不明点をきいてくる人がいいと思うし、教えられる側であれば、どこがあやふやでわからないかということをできるだけ具体的に伝えたいとおもっています。

要は、コミュニケーションのやりとりを楽しみましょう、そうすれば、ここは何倍もおもしろいはず、ってことです。

どうですか?いままさにやめようとしていた新規さん。なんかもう一回やってみようと思ってくれましたか?そうならうれしいけれど、でもやめるーということでしたら、残念です。ご縁がなかったんですね。まあ、きっぱりとやめてしまうというのも手でしょう><

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 22:40| Comment(8) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

合戦〜長篠へ〜

おはようございます。昨年6月の東西戦以来、合戦に行っていなかった石澤です。純粋な他国との戦は昨年5月だったでしょうか?

紺碧では今週は上杉が徳川に攻めている模様です。って、国政に関係していないやん!以前は定例会議にも何回かはでて、1,2回、初歩的なくっだらなーい発言をさせていただいたことはあったのですが、最近は国政には全くノータッチ。

ということで、徳川と合戦をしているというのが、昨日認識され(いつもログイン直後にでるというのに)、今日のイン後は誰がいて何しようかな〜とおもっていたら、すでに黄桜さんが合戦場に、真田ちんが合戦メンバー募集中、あとでにょろさんくるとか?みたいな感じで、久しぶりにやる気になりました。

仏門をメインで出役(かつてはたまに密教)させているので、ベースとして気合・詠唱・アタ・盾がいないとn狩りはもちろん、突発的な対人に臨めませんので、ひとりのときは、ちまちまと大筒とか逆茂木とかの兵站で名を馳せます。合戦私設でやたら「北大筒まだ」とか「まだ少し」とか行っているときは、そんなことを黙々やっています。

なんですかね?pt稼ぎの戦闘は嫌いなのに兵站の運搬の方が楽しいって・・・自分がよくわかりませんが、ああ、知名度があがるとかいう、ちんけなミーハー心が先に立つのかな?

というわけで、にょろさんが入場するまでは、私はひっそりこっそり兵站をやりながらまち、にょろさん×2、真田ちん×2、黄桜さん、石澤の6キャラでn狩りおよびできれば武将系つっこみをやろうと動いておりました。

構成は暗・密・鉄・典・鎧・仏です。基本引率はにょろさんキャラ。合戦はパターンを覚えると楽しいので、好きです。

にょろりんさん「合戦って燃えるよね」

ひよこ会話でもにょろさんはねるからやばいとかいわれていましたが、どうやら2アカ操作と合戦による相乗効果はなにかを刺激するようですw

私も燃える派です。nと武将狩りも好きですが、実は対人も嫌いではありません。

おやー石澤対人は嫌いとかいってなかったっけー?とお思いの方もいると思いますが、たしかに、徒党編成のしっかりとした対決型(上覧的な)のものは、慣れていないこともありますが、余り好みません。すべてにおいて条件がそろった探り合いよりも、時に、圧倒的優勢の中で撃破し、また逃げられ、逆に圧倒的劣勢で逆転をかまし、逃走成功のような、ダイナミックな動きにはぞくぞくするものがあります。

こんかいは最後半のところで、援軍の浅井の武士さんが徒党参加して下さって、副将狙いに挑戦しましたが、あえなく時間切れ。それ以前に6キャラで到達したことなどはあったのですが、旗折れしたりしたので、無念でした。

ちなみに大決戦で上杉は負け、陣取戦は大差で勝った模様。

現在、陣取3勝1敗、決戦0勝1敗。


ただ、合戦の難点は、長時間なので、やめる時間がなかなかないということ。長いのは少しつらい。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 06:37| Comment(4) | 合戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

僧3キャラ持つ身として、今回の調整は・・・

どう考えるか?

こんばんは。今日は珍しくインする前に記事を書く、石澤です。故郷で見慣れた雪も、関東でみるとまた別の感慨があります。

そういう意味で関東の珍しい雪は雪国出身にとっては、いろいろな思いを想起させるのですが、まあひとこと雪国以外の方にいわせていただくならば・・・

雪ってそんなにロマンチックなモノじゃねぇ。めんどくさいんだよ。
※そんなに素敵なモノじゃないし、実際雪国の道路の雪は茶色い
こんな降り方ぐらいで交通機関とか麻痺すんなよ。
※ろくに雪降らないところに雪対策のコストをかけるのは無駄というものですので、暴論です。
こんな雪ですべって転ぶなよ。
※これは単純に歩き方の基本がわかっていません。慣れて下さい!

※ごめんなさい、何の恨みもありません。いいたかっただけです。

話を主題に。

さて、すでにブログ界でも騒がれている16日アップデートの件ですが、まあ、保有キャラ全部が僧という石澤が、なんもいわんでスルーというのも微妙な感じがするので、全くの主観的意見と、どこかできいた意見を交えながら、書いてみたいと思います。


■回復技能の底上げは、次回新ボス実装の予兆

ブログ周辺、あるいはひよこ会話で話した一部の方がみているように、もう、おそらくその通りだと思います。これは新ボスが強敵であると仮定した場合、特化に関わらない技能を有しないと少数一門とか、ネットワークの少ない集団においての徒党構成で、編成不能となる場合が考えられるからです。

僧に限って言えば、同時に智拳印・参の有効回数が増えるというのもその裏付けとして有効かと思います。


■仏門の双掌冥護のいわゆる“弱体”は徒党、ひいては集団における連携の強化を導く意図がある?

これは、私の見る限りどのブログでもそういう説はみていないのですが、私は割と多くいわれている意見に同調しつつも、さらに深読みしてみました。

ちなみにここでの連携とは「里でよくやった妖術“連携”」のそれではありません。プレイヤー間の行動連携です。

双掌冥護の効果は強く、そして、いまや仏門の初期行動および、詠唱切れの際の応急措置として必須のものとなっています。これはいわゆる蓮華等の回復技能に必要な詠唱の必要がないことからも、即効性があり、またそれだけ容易に使用できるモノであるといえます。

しかし、容易に使用できるモノということは、同時に、なにも考えなくても乱発できる技能であるともいえる訳で、ここはやはり、MMORPGの基本に立ち返って「プレイヤー同士の連携(つまりみんなで楽しく?のような)」を主眼に置いた調整と考えることはできないでしょうか?つまり、回復は神職等の詠唱があって、盾は回復の支援があってということを強調したいのではないかということです。また、そもそも仏門だけでなくその他の回復職にも門戸を開かせることになるのだと思います。すなわち、「今や仏門に支援されることはこだわらなくてもいい、と」。

あとは個人的な反省も含めて、仏門という特化キャラの行動のしやすさについて中の人のレベルアップをうながしたとか?

ちがうかな?

ただ、一方で、この双掌冥護の“調整”という名の“弱体”には問題もあると思います。つまり、双掌冥護で築きあげた、仏門としての個性をいちじるしく下げるということです。残念ながら今や仏門の特筆すべき能力というのは、この双掌冥護にたよっているということは事実と感じていて、その個性が弱体化されることで魅力がなくなると感じている人は多いのです。仏門の仏門たる所以・・・そこを見いだせないで、回復技能が他の特化も上がるということは、究極仏門でなくてもいいということになるわけで。それでも私は仏門をメインキャラとするとは思いますけれど。すこし残念ではあります。


■密教の術防御に関して

まだ、密教の経験がすくないのですが、九州ダンジョンとか、ボス系での活躍機会の創出なのかな?

また、合戦などの対人戦における特定職跋扈の状況を打破する先陣なのでしょうか?

いずれにしろ、経験がたりないので、よくわかりません。


■僧兵に特化した調整がなーんにもない件について(笑)

イタイ、痛すぎる。
適当にアタッカーができ、適当に回復もでき、もはや死滅化の様相はあるものの、適当に盾もできる僧兵ですが、今回は何にも変更ありませんでした。わらうしかない。まあね、やたら攻撃力あげると、アタッカー兼回復として優遇されかねないし、調整しづらい特化ではあると思いますけれどね。特筆すべきは極楽浄土・改なのでしょうね。人4岩城で能楽の九死一生の謡に前半護られつつ、入れ替わりにかぶせるというのは、戦雲対策として単独としてのベストではないけれども、有効なわけだし。このままでいいのかな?

まあ、また何かあったら書きます。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 21:09| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

依頼の受け忘れorz

おはようございます。最近夜から朝にかけてインする石澤です。

今朝は早く起きた・・・というか深夜に起きたので、インするとまだ人がいる。とはいえ、人少ないし、何やろうかなと思うと加賀美さんが人でpt狩りしている。ということで、メンテ日なので、まだなんもしていない密教のpt稼ぎするかーとかいうかるい感じでいってきたのがトンデモない惨事になるとは。

そうです、片倉小十郎に依頼をうけわすれて1時間分、おそらく加賀美さんの発言からすると約1000pt分の獲得機会損失を経験してしまったのです。

いいわけなのですが、石澤は人取橋に入場したときに片倉に会話をして、一番上のメニューを選択しています。ただ、これが、報告しただけのようなのです。しかし、ここで1回でとどめてしまったのは、何の経験値も修得も入らなかったので、依頼を受けたと思ってしまった訳ですね。

今度からは、キチンと2回話しましょう。そして、依頼の受領がキチンとできているか、確認してから始めましょう。

ちなみに石澤密教。ちゃんと3000とってしまいましたYO。すっかり廃です。

経緯は

1)加賀美さんとやってがんばる(ptなし)

2)その徒党にお肉さんが入ってくれる(ptなしに気づいて300ptまで)

3)1人でやる(その1:ひよこには人がいてちゃっとしながら)

4)1人でやる(その2:全く人がいない。苦痛の1時間半wここまで2000pt位)

5)五大堂でエノアさんを久しぶりにみる→一緒にやる

6)真田ちんがおきてきて加入する(僧兵つええー、そして速く終わるー)

でした。

なお、その後は僧兵の瓦もやり、その途中で爺さん登場とかそんなこともあり、メンテでーす。

さて、活動開始しましょうか。

また夜にお会いしましょう。てか、夜つかれてないか?

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 10:18| Comment(6) | トライアルor攻略型ダンジョンetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

九州瓦募集でミスをする

おはようございます、石澤です。昨日は僧兵初の九州を、島津耳5(野戦1)という瓦の巡り合わせでしたので、やる気になりました。

構成は、兵・典・刀・暗・召・演・士

アホな石澤は、自分が「僧兵」の第一回戦というのに、いつもの仏門のつもりで求人してしまったのです(まったくの大ボケで、他意はなんもない)。つまり、自分が蘇生回復のつもりで・・・やう゛ぁい。

経緯としては、ひよこ会話の方で兵・典・演・刀が決まりましたので、じゃあ、普通にyアタと術アタと、盾もう1と・・・あれ?あれれれれれ?

召喚さんはいりーの、武士さんはいりーの、やばい、ワシが回復とかちょ。回復四・全体回復四しかなく、蓮華なし、加持結界なし、智拳印なし、如来救世なし、とかもう絶望的な「回復・蘇生機能」のなさ。

※僧兵の育成に当たっては特化六までの皆伝を優先し、上級は弐始めで止まっていたんです。なので、回復についてはほとんど期待できない。せいぜいやって閻魔撃・弐。

あわてて徒党員のみなさんに構成の不備を謝り、方針転換、蘇生回復担当を求人し始めたその瞬間!

我が一門の暗殺さん登場!!!ひよこ会話で呼びかけたときに反応なかったので、こないんだーと思っていたら。うおーw枠が変な意味で埋まった><

最悪、お詫びして私の仏門に切り替えようともしましたが、皆さん気前のいい方ばかりで、また耳の1−5という野戦で皆さんがもっともなれているところであろうポイントだったのか、「突っ込みましょう!」といってくださり、なんとか出発。

1〜3までは問題なく無事に。

4からちと面倒になってきたものの、無事クリア。

石澤、党首に積極的にトライしつつも、こうも失敗が多いとマジ怖くなってきます。瓦といい人達で良かった。

でもこういう失敗しないと、育たないんだよね。そこも悩みどころ。これからもひるまずがんばりたいと思います。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 09:26| Comment(0) | トライアルor攻略型ダンジョンetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

休日はむしろ信Onしない・・・

こんばんは。最近どんどん変態化しているような気がしてならない、石澤です。今日は日記としてお話3本。

1)日記

土日はヒマであれば信に費やすことができるのですが、何故かいつも平日よりむしろプレイ時間は少なくなります。なんででしょうね。

個人的には良く寝る・取りためたテレビを見る・雑用をするということかな。

ということで、夜中から明け方に遊び日中寝まくりました。

やったことはこまごまと瓦とか、人pt満載にするとか、そんな感じ。あとはさっきまでひよこ会話にはいっていた方々の里キャラの洞クエを育成中の僧兵で参加させてもらったことかな。

里キャラの方が2アカということもあって、党首うっちゃられた訳ですがw、なんというか、もともとなれていませんでしたが、どうも自分うまくない。追尾してくれる方を上手く導くとか、先を行ったときのアカ敵のポップ予測とか・・・なんともね。

それと最近は党首になると自信をもってやれない臆病な病気にかかってしまいました。場数をこなすことでしか克服できないのでしょうけれど、なんとかしたいな、と思います。


2)里キャラ支援遠征の話

話しを変えて、里キャラ支援にいったときに、@2の空きがあったので、求人をおこなったところ、偶然にもひよこ会話の、しかも里キャラ支援の対象である方の下の名前と同じ名前のかたが応募されてきました。わおとおもいつつ、いろんなお話をさせて頂くと、我がひよこの存在をご存じであったことと、上杉に1キャラすでにいらっしゃるとのことで、ひよこ会話にお誘いさせていただきました。

もう一方も最近始められてしっていた知人さんでした。

お二方とも、今後ともひよこ会話に気軽にお越し下さいね。

ちなみに洞クエの修行人クエ報酬で、僧兵の特化弐が皆伝しました。オセー。


3)ひよこついったー

うちの筆頭である月影さんが一門掲示板の1スレを利用して「ひよこついったー」をつくられたそうです。「なんでも書いていいの?」と伺うと、「エロいこと以外なら何でも」ということでw(そんなこと話しているのかっひよこ!ってつっこみはなしで)。とりあえず140字以上でつぶやけるのでひとつつぶやいておきました。ちょっとライトなつもりが、案外まじめにかいちゃいましたけど。

しかし、筆頭、おもしろい掲示板の使い方思いつきますね・・・。

うちの一門の掲示板は信Onの仕様上30スレしか作れないということで、攻略スレとか、自己紹介スレとか、報告スレ、休止・復帰スレとか、いろいろ整理して作っています。まあ、完全に整理されていませんが、わりと整理されているんじゃないかな?とは思います。

そのような中で、こんなお遊び的なスレもおもしろいですね。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 03:36| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

人取橋1−3

こんばんは。石澤です。

信Onやり過ぎてくたびれはじめたので、今日はメモだけ^^

人取橋にいってきました。
1−3で、私は1、2は経験あったものの3はなかったので、どきどきしましたが、楽しかったです。もちろん主戦力の仏門で。まあ、ある程度役割きまっているので、なれると、また、うまくいくとヒマになるという甘い罠があるんですけれども。

■1

法・仏・能・士・鉄・鎧・密

■2

法・仏・能・士・鉄・鎧・密

Nol11020400.jpg


※1,2は全て同じキャラクタ

■3

演・仏・鉄・鎧・能・法・士

Nol11020401.jpg


※幸三さんの密教が演舞に、武士さんが落ちて箱寄生に移行したのと同時に加賀美さんが仮眠から復帰で交代

☆周囲には仏・陣・神などのキャラが転生・与生気待機

そんなわけで、多少の事故はあったものの、無事できましたよと。

箱3つもらってウハウハでしたが、相変わらずいい神秘石はです。仏門の倉庫は満杯になってきました。

そんなわけで、もう寝ます。
おやすみなさい。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 04:04| Comment(0) | トライアルor攻略型ダンジョンetc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

【長文】信Onの楽しいところって?

こんばんは、石澤です。最近は日記とおちゃらけた発言がブログとログイン中に多いので、今日はちょっとまじめに書いてみたいと思います。


ここのところ、信Onのブログ界では「モチベーションの低下」「休止します」等といった、ゲームに向かう立場としては本当に残念な、マイナスイメージの言葉が並びます。しかもそういう方々は比較的古くからプレイされている方に見えます。時間が経過して飽きたというよりも、何らかの不満(理不尽なモノではなく)を持っています。実際インしていてもそういう言葉は聞きますし、これを書いている本人が、昨年何度もやらざるを得なかった体調の問題による休止云々をのぞいても11月あたりからつい最近まではモチベーションが上がらなかったのは事実です。

では、それは何が原因なのか?

すでに多くのブロガーさん、またはプレイヤーが指摘しているように、これは信Onが「作業ゲーム」になってしまっていること、また「楽しむ」ことの方向性について、開発・運営側がプレイヤーに単一の方向へ向けさせている、それらにつきると思います。もちろんゲームですから、中の人の技量はもちろんですが、自分の保有するキャラについての経験値・修得値・覚醒値・潜在値などは上げたいに決まっています。でも、それに至るプロセスとして、私見とそれによる憶測だけかもしれませんが、果てしなくめんどうで時間のかかるポイント狩りが義務のように当然になってきているのは残念なことと思います。

いきなり結論ぽく(ただしあいまいに)書きますが「作業した」ところで何が見えてくるのかわからない、というのもあるのではないでしょうか?いや、まあ、キャラは成長し、「強く」はなるのだけれども。中の人=プレイヤーの技量とコミュニケーション力がなければ、MMORPGなんて楽しくないでしょう?


■pt狩りの是非

具体的かつ単刀直入にいえば、新ダンジョンのpt狩りなんかは1キャラで鬼3000、松3000、人3000ですよね?それをまともに3キャラやろうとすると夜と休日だけ参加の社会人プレイヤーは1週間終わってしまいます。そしてそれを達成したとして、課金して毎日退屈なpt狩りして私は何をしているんだろう?と疑問に思っても仕方のない仕様になっています。余計な話しですが私の場合は、せいぜい3000×3キャラが可能なくらいで、それ以外やる気が起きません。

でもそこまでがんばって何かを得ることが本当に楽しいのか?私の感覚としては馴染みません。

オンラインゲームは「終わりがない」ので、運営側は究極的には既存プレイヤーを「飽きさせず」に課金させることが必要です(=利益)。それなのでダンジョンの追加、上限レベルのアップや技能の追加、装備の追加などの、ゲーム世界内での、新規要素追加=環境インフレが起きることはやむを得ないことだと思います。だが、それに至るまでの経過をpt狩りという顧客=プレイヤーの「繰り返し」プレイ時間で補わせることには、運営側にあまり能がないと思います。鬼門比叡山はグラ比叡山の使い回しとかで顰蹙かいましたしね^^

たしかにそのようなプレイを「楽しくする」のも「退屈にする」のもプレイヤー次第というのはいえます。いろいろな技能を試したりとか、会話しながらとかね。でも、それはそれ以上の何かがないからやることであってね・・・。たしかに私もやらないとはいいませんが、それはやるばしょがなくて、やれるんならやろうっていう程度のことであってね。

まあ、否定はしないのですが、今後、そうしたpt狩りしたキャラだけが実質的に使用できるクエ・ダンジョンが増えるというのはいやですねえ。

私個人としてはボス系のノック&トライでそういうことができたらいいと思うんですけどね。まあ、確かに鬼・松・人のボスはそうなんですが、あそこまで敷居は高くなくて、黄泉、根の国、凶変、道摩、九州など。九州の瓦実装でゆとり化が叫ばれていますけれども、私はなかなかいいと思います。比較的短時間でボスを渡り歩けて、ポイント獲得できて。もっとも隠形の衣が何度も無制限につかえることで、フィールドのキャラクタが有名無実化するのは切ない話しですけれども。そういう意味では九州の野戦の雑魚を全部狩るとかいうプレイは懐かしいですね。


■PS3からの新規さん、帰参さんの扱い

信OnはPS3版の導入で、新規さん、帰参さんが増えました。里は最近ちょっと減っているかな(みんな仕官したか)?という様相ですが、その代わり私が所属する春日山ではレベル55以下の見慣れない名前のキャラが目立つようになりました。

人が増えることは大変いいことです。みんなで遊べば楽しいし、基本的に複数の人がいないと成り立たない世界のはずですから。

なのですが、苦言をいうとPS3の売り方と、PS3の独自のシステムとしての問題、そしてもっとも残念な中級クエストの超絶容易化(いわゆる「ゆとり化」)という問題が発生しているのではないかな?と思っています。

これからいうことは、結論として「一見新規さんの既存プレイヤーとクエへの参入障壁を低くするように企図する開発・運営の意図に反して、実はその逆の早期引退へ導く罠がはらんでいるようにもみえて心配」ということにつきます。まあPS3のクライアントを売って課金させて当期の「信On」での純利益を上げて、一時的に元気にさせる風を持たせるだけならば、成功したのかもしれませんけれども。

〜売り方〜

例えばパックに10万貫ないし20万貫というゲーム内通貨が入っていたこと。里ではせいぜい数十貫でもデカイお金なのに、いきなりの奮発です。これにより金策の楽しみを覚えることなく容易にお金が入手でき、とりあえずの装備は、だれと関係することもなく、買えてしまうことになります。

〜PS3システムとの兼ね合い〜

次にPS3の独特のネットワークPlaystation Networkによるもの。これはコーエーさんに文句をいっても仕方ないのですが、PS3をお持ちでない方にいうと、信OnのPS3プレイヤー同士であれば、いわゆる信Onの知人登録とは別個の友人登録ができてしまうのです。もちろんPS3プレイヤー同士なのですが(ちなみにその友人関係は友人が他のゲームをプレイしているときも結びつきます。そういう意味ではPS3プラットフォームという広い意味での友人関係で何かするのに「使える」ことは使えます)。

となるとどうなるか・・・。PS3のプレイヤーの方は帰参および既存の追加アカウントもそれはそれで多いですが、新規の方に限っていえば、友人作りは新規同士になることが多いわけです(帰参、既存プレイヤーは私設・一門など心得ている)。そうなると、各職の必要技能、育て方についてなんかの実に多くの先人達が編み出した情報を得る場所がなくなるんです。つまり新人は新人で結びついたままそとにつながることが少なくなるのです。その結果、新人さんが中途半端にレベルが高くなって高レベルのボス徒党にからんだ際に詠唱・四のない神職とか、ぼっこぼこにたたく鍛冶とか(ま、限定的にそういうこともなくはないけど)がでてくるわけですね・・・。

しかし、そうした新規さんを既存プレイヤーとして排除するつもりのある人は既存プレイヤーでほとんどいないと思います。「わざわざよくきてくれたねこのゲームに!(物好きだけど〜)」って気持ちだと思います。

なので、特に新規さんは、PS3のネットワークだけでなく、勢力会話や、一門、公開会話にもちょっと勇気をだしてのぞいてみて下さい。

ちなみに、仕官後デフォルトでは勢力会話に入っていますね。のぞければ公開会話に、知人友人ができていて先輩がいる私設会話があればそっちに是非どうぞ。その方が遙かに生で実践的な情報が手に入ります。

私の所属しているのは紺碧の「越後のひよこ」です。初心者のところにあります。一応上杉所属のメンバーがほとんどですが他勢力の方を拒んでいませんのでお気軽に^^


あ・る・い・は・・・

方向性は全く逆になりますが、初心者同士、わからないもの同士「のみ」で遊ぶという方法もあるかもしれません。他のゲームではプラットフォーム(PC、PS3、PS2、PSP、Wii、DS、etc.)でサーバーが違うものもあるわけで、これはどのプラットフォームでもサーバーを共通してできる信はすごくもあり、またそれ故の問題もあるのかもしれませんが、繰り返しいうと信Onの現状からいうと、PS3版のプレイヤーだけの世界はありません。

そんなわけで先日提案させて頂いたのが、同じ公開会話に並列されている紺碧の「初心者の部屋」にお越しいただくという方法です。この会話はPlaystationNetworkのことを考えると、やや非現実的なコンセプトだったのかもしれないと、少し思いながらも(現在模索中・・・でもだれかいますからのぞいてね)、特に12/22以降に始めた新規さん、帰参さん「同士」向けのコミュニティとして私が仕掛けました(企画構想自体はひよこの一部の、私よりもベテランな人々)。ここはある意味他の私設会話、公開会話と違い、里で知りあった初心者同士で、仕官後も一緒にクエをしたり、いろいろな情報やつかえる技能を探していこうというコンセプトです。なので、一応部屋の維持のためにベテランはいるのですが、一応操作とかそういうことと雑談以外はおしえないよ〜というコンセプトではあります。

先ほど述べた「作業ゲーム」にしないために初歩のうちから、自分たちで遊び方を模索することを楽しみながらやってもらおうと企画した先人の「おせっかい」です。

〜中級クエストの超絶容易化〜

要するにコーエーのPS3パックに多額のゲーム内通貨をくっつけるような魂胆からも、またこの中級クエストの問題からも、新規プレイヤーに「早く高レベル帯に向かわせ」、「そこそこいい装備を買わせる力を持たせ」、『楽しく(←ここ重要!!!)』遊んでもらおうとしている意図が推測できます。

しかし、これが本当に新規プレイヤーの「楽しい」ことなのか?また、コーエーの立場になって、長期的に顧客に課金させる仕組み作りの結果なのか?ということを考えたときに個人的に大きな疑問が残ります。

このことは前述した。既存プレイヤーに「作業ゲーム」と括られて離反されるゲームになることに繋がると思います。この件はずれるのでここではこのくらいに・・・

まあ里なんかもそうなんですが、四神と洞以外は敵は1人だし、ドロップはほとんど出るし(てか、確実ですよね?)、中級はお供はつけられるのはいいと思うのですが(いや、勢力会話とか私設会話とか公開会話とか一門とか里の友人さそって行くのが本当はいい)、廃城とかひとりなんですって?敵?才蔵とかもひとりとか何?????

前述した詠唱・四のない神職さんとか、なぐりまくる鍛冶さんとかの話ではないですが、ここいらで、実はロールプレイングの「ロール(役割)」を覚えていくと思うんですよね。それをほぼひとりでつっこむことができる仕様にしたというのは、「遊びやすさ」は「遊びやすさ」であっても、長い目で見た遊びやすさでは決してないと思うんです。詠唱・四なんて上級だから、ここではあてはまらんぞ!と厳密な指摘をされる方もいるかもしれないのですが、こういうところでどんな技能が必要になるか、また、そういうところに同行してくれた先輩から教えてもらうとか、そういう経験がいろいろな人・キャラ・職が絡むことで、ここでできたはずなんです。それが易化してしまったことから、なんとなくレベルだけが高くなってしまったけど、必要な技能を実装していない(だけならいいが)、あるいは修得さえしていないことに繋がる訳です。それに気づいたときの本人の落胆はどうでしょう?デリートはできても私だったら続けるかどうか、すこし迷いますね。

また、易化したことで、特に才蔵クエで支援したときは思ったんですが、武功と知行アイテムが簡単になった代わりにそれもすくなくなる・・・。ってことは、お手伝いの楽しみもなくなるわけではないにしても少なくなるわけでね。

そして私が思う中級クエまでの楽しさって、ちょっとむずかしいけど、いろいろな人に支援してもらったり、技能を苦労して覚えたり、なかなか出ないドロップに苦悶したり、自分のキャラのロールをキャラの経験値でなく「中の人」の経験値として修得したりすることだと思うんですけどね。たぶん今の仕様だと、とりあえず早く新ダンジョンに行ける「中の人」ではなく「キャラ」の経験値重視の仕様になっているんだと思います。

そう書いてみると、開発・運営側はキャラや環境だけに目がいっていて、プレイヤー(中の人)の思いを見ていないのかもしれない。積極的にユーザーミーティングとか、アンケートとかやればいいのに。公式にも掲示板あるけど(最近みてない)、あれは未だに文句が噴出しているのかな?


ただ、あえてこれらの易化が肯定されるかな?とおもえるのは、複アカの方および、デリートからの新キャラ作成の方かな?もう何回もやっていることをするっと抜けたい人のパスポートとしてはいいんだけど・・・そんなの両方実装できるわけがないw


■最後に・・・信のいいところ

このゲーム、もう8年も続くゲームなんですよね。歴史もあるし、ここまで続いてきたというのはプレイヤーに受けたというのもあるんでしょうけれども開発・運営陣の努力のたまものでもあると思うんです。戦国テイストという現在ではないもののリアルな日本の時代の一部をテーマに神話やファンタジーをいれていいRPGになっていると思います。さすがにグラフィックに古さを感じなくもないですが、逆にロースペックパソコンでも動く可能性が高く、それを良しとすることもできます(個人的にはグラ改善希望ですが)。あとは音楽とかね〜。最高。

また戦闘システムが独特で秀逸で、バー読みとか、裏読みみたいなことができるところ、ある程度命令がきまれば、戦闘中にトイレ他軽い用事ができるw等、アクションとか反射に弱くなる比較的年配プレイヤーにも優しいところなんかなんかゲームしたい人には是非勧めたいです。

その他には他のゲームでも当てはまるでしょうけれども、パーティ(徒党)を組んだときに攻略前にチャットしてシステム的なものではなくて、プレイヤー同士での連携をしたりする打ち合わせとか、実際に攻略時に予定・計画の変更を余儀なくされたけれども攻略できたときのうれしさとか、そういうものもあるのではないかなと思います。

ちなみにそれを開発・運営側は一門というギルドシステムをつくって、そこの「みんな」で遊んでーとやったら総スカンをくらっているという現状ですが・・・。私は一門自体はいろいろ考えたり、思うところはありますが、そんなに悪いものではないと思います。もっとも一門でうごくのは一門ダンジョン的なところでの場合が多く、もともと「越後のひよこ」という公開会話を元に活動しているので上杉の勢力内のことが多いですがひよこに関わる人たちで遊ぶことはおおいです。問題は一門という限定的な世界・社会をゲームのメインストリームに押しつけられた感があるというところでしょうか。

つまりいえるところとして、プレイヤーが自由に楽しめる部分について制限や逆の強制的なインフレ状況ができてしまっているところが問題なのかなと。「楽しい」ということに対する思いはそれぞれでそれぞれのものがあるのにも関わらず方向性を定めてしまうと、その楽しさを楽しいと思わない人は馴染まなくなる。したがってつまらなくなり、やめる。そういうプレイヤーが増えているのかなと。


ぜんぜんまとまらなくなってきました。対案もろくに出せないのにいいたいことだけいうのは何だと思いますので、私の個人的な要望点を書いて終わりにしましょう。

※皆さん、昨日メールできたコーエーのアンケート答えましたか?ああいうのしっかり答えましょうね!


・里と中級クエの難易度再考

※お助け仕官キャラにもおいしいお土産がつくといいんじゃないかな?以前の鎮守の結晶のような・・・知行アイテムのような(今すくねえ)

・フィールドをうまく使おう

生産瓦で一時的にフィールドが使われましたが、最近はなんでも街から馬で飛ぶので生きていません。旗指物クエとか、昇進クエみたいなのではないですが、フィールドにひょっこりなにか出てくるような物をもっとつくってもいいのではないかな?と。あ、評定の武技があるか・・・。あれも馬で飛んじゃうし。要は、易化はいいんだけど、何でも馬ばかりだとつまらんなあとも。

・もうちょっと合戦なんとかならない?

信の醍醐味のひとつは合戦による国盗りなのですが、いかんせん1週間の合戦中に開戦している時間が非常に長い。長いので結構つかれるし、戦局がわからないまま落ちるとかそういうのが頻繁に起こる。

大決戦はその点時間限定でいいのだが、サーバと、クライアントの性能に依存することがおそらく影響していると思われるが、参加人数が限定されている。もっとも人数が一定数以上いれば合戦場弐・参・・・とできるシステムではある様だが、今の同時プレイヤー数からすると現実的ではないので、ここらへんをもうすこしなんとかできればいいのでは?とおもってしまう。また拠点の奪取・防衛がかかっている以上、当事国の本気メンバーがうごくのでいかんせん初心者が動くのはなかなか難しい。そういう意味で陣取戦は参加しやすいが今度は時間がかかるとか。まあこの時間にまで開発・運営に文句をいうのは酷であり、みんな夜プレイするわけではないのだからいいのかもしれないが。拠点戦はその点時間も短くライトでいいのだろうが、なかなか修得系のものがはいらないし、直接的な勢力関係に貢献しないということで、意欲が下がってしまう。

なんかもう少し敷居の低くなる合戦の仕組みってないのかな?と思う。そんな私も随分参加していないけど。


なんか思いついたら、また書きます。

読者の皆様の思うところもきかせて頂ければうれしく思います。

なんやかんやと長文のくせにまとまりがなくて申し訳ありません。おつきあいありがとうございました。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 04:17| Comment(10) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

僧兵、レベル上がったけれどもだ・・・

こんばんは、石澤です。

ま、ちょっと今日も時間がもてたので、夕方から活動しましたよっと。

本日やったこと。

■里〜鎮守の洞支援【僧兵】

食事・休憩・仮眠etc...

■九州瓦〜島津耳3〜4直【密教】
■九州瓦〜島津耳3〜4直【僧兵】のはずが事故
■瓦〜千引通常【僧兵】
■ウダウダ

という5本でお送りします。

■里〜鎮守の洞支援【僧兵】

加賀美さんのにゅうきゃらその2がまもなく里卒業ということで、昨日のうちに依頼をいただきまして、予定時刻にイン。真田キャラも来てくれるということで、ひよこ4キャラ、里で3名の新規・帰参の方に参加してもらって、行いました。

加賀美さんは相変わらず2アカで変な簡易チャットと楽しい変換ミスをしてくれるので、なんか私が党首になりまして、引率させて頂きました。キングギドラ起こすとかそういうのは真田さんにお願いしましたが・・・。相変わらず党首をする感覚がもどりません。え?もともとなかったって?そうかもしれません。最近党首になるのが、非常に怖いです。

でもまあ、里なのでそうそう事故も起きません。

途中なんだかんだと私がからまれまくったり、先に突っ走って割れそうになったりというバカなことはもう、論外として・・・。なんなんだよなあ、おれだめじゃんと。

途中なんだか、ひよこの3キャラのあふぉな行動、語りっぷりが、他の三方の一部のツボにはまったらしく楽しんで頂けたようではありますが。たぶん石澤がヘンタイかましているとおもわれます。

加賀美さんはその後里フィールドですこし目録修得をして、本日無事2キャラとも上杉仕官および、ひよこ一門参加→新参奉行→新参隊列使用仕様になりました。おめでとうございます。


■九州瓦〜島津耳3〜4直【密教】

ま、瓦です。真田さん僧兵と企画。ってか真田さんが党首の2アカなので、私が馬走らせるのとピンポンダッシュ担当。もう、消えることができるので、楽なものです。とりあえず今日はほぼ完全蘇生回復役でということでした。かるがる終了。


■九州瓦〜島津耳3〜4直【僧兵】のはずが事故

真田・石澤コンビでキャラかえっか?といった先のー。僧兵がなんと九州全部の友好が0ということが発覚!九州いって気づく罠。とりあえず、すでに真田さんが野良で3〜4限定で求人をしていたので、取り急ぎ辞退。まぼろしとなりました。

ってか、やってなかったのか?僧兵。

ってか、まじめに動かしたのここ2週間だしな、僧兵。


■瓦〜千引通常【僧兵】

じゃあ、おとなしく通常の瓦やろうと。ちょうど昨日もご一緒した新人さんがいたので、いったー?ときくと千引は強そうなので・・・とおっしゃる。んじゃ僧兵がご一緒しますよ!って一丁前にさそっていったものの・・・。とりあえず人がいるところがいいなーと割と奥にいく=高レベルの敵になる、ということで、新人さんがあえなく連続くらって死亡とか。ごめんー。私も僧兵の使い方わかっていない。仁王立ちとか、護衛系でかばえばよかったのか???

新人さんのキャラレベルは40で、たしかに千引の入り口近くの敵でも43くらいはあるので、周辺にフリーのキャラクターがいなければ、単独行動は少々難しい。私の僧兵はこの時点でレベルは57。装備も多少マシなモノをつけているので、このくらいのレベルならば1,2ターンはもつわけなのだが。事故が起きるんだよね〜。

その後真田さんの育成巫女が参加。これもレベル40。で3キャラでたたいて救援要請なのだが、私以外が死んでしまう。そして入れ替わって救援に入ってもらった方々のおかげで私だけポイントゲットみたいな・・・ごめんなさい。

そんなときにさりげなく現れてくれるのが黄桜さん、颯爽と現れ、徒党に参加してくれました。ありがとー。鎧さんいてくれるとたすかるし、一応物アタ役ではあるものの火力不足が解消されるおんも様どーん。

あとはだいたい問題なく瓦はクリアできました。

レベル40頃のああいうちょっとレベルの高い瓦ってこわいね。私もちょーバカにしてやっちゃったけど、こわいこわい。装備的にもこれからのレベルだから、なおさら難しいのかな?40くらいって錬輝装備ですっけか?

報告したら、なんとレベルがあがっちゃいましたYO!

Nol11020100.jpg


いたづらにレベルだけ上がるのも修得などの面で難があるから一概に喜べないんだが。しかし瓦で技能修得値が500こえるんだからいっとけというのはおそらく間違いない。新人キャラと一緒にいこう。すこしはいれば頼れるキャラではあると思う。中の人のスキルは怪しいが。


■ウダウダ

あとはなんかチャット中心にうだうだしていました。知人欄をみたら、またまた超久しぶりな人をみつけて対話したり、春日山で妙な周囲会話をしたり^^昔話をしたり、余裕のある(ヒマな)人のキャラを見せたり、なんか昔のイベントのおまけ変身薬で変装したり・・・。

まあひよこ会話では、職・特化における能力の目安とかそういうまともな話しもしているんですけどね。


そんなわけで、今日はこの辺で。

おととい昨日と、里に人が多いとは書きましたが、どうも減ってきている兆しがあるようにも感じるのは私だけ?


↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 05:22| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

瓦>瓦>瓦>里

おはようございます。今日はフリーなのをいいことにもっさり起きてる石澤です。
本日の活動としてはタイトルのとおり。なんかの格闘ゲームのコマンドではなくて、そのまんま瓦3つと里やったという話し。


■瓦1〜九州瓦利用島津沖1〜5貫通【密教】

ま、これはいつものメンツで育成中のキャラが1から行きたいということで、んじゃ、こっちも育てたい密教さんを志願してつれていきました。

瓦を使っているので実にスムーズ。

そしてなんと晶を倒した時点で密教の特化目録六皆伝とかいう(今更とかいわないでね)。そしてそしてやっと上級七着手とかいう・・・。


■瓦2〜九州瓦島津5のみ【仏門】

真田ちんが蘇生回復いなーいとおっしゃるので、んではいきますと。とりあえず経験しているところであれば、仏門の操作に迷いはあまりないので、するするするーと。久しぶりの野良支援参加だったので、やう゛ぁいことはできなかったのですが、なんか最近仏門の操作にぞくぞくしません。おわかりの方はおわかりでしょうが、仏門に関してはあるていど行動の基本が定まると、それしかしなくてもある程度行けてしまうという現象がおきてしまうので。


■瓦3〜浜名湖通常瓦【僧兵】

春日山を歩いていると、ひよこ会話に一時はいっておられて最近こられなかった初心者さんがいたので、所作逃げすると、丁寧に対話で挨拶くださいました。

「その後どう?」なんて感じの会話をすると、ひよこ会話になんか入りにくい様子だったので、気楽にいらっしゃいよー、なんか質問とかしたいときだけ話すのもぜんぜんいいのよー、というと、ひよこに入ってきてくれて・・・。

んで、神職の育成方法とか瓦の参加の仕方とかそんなことを話していると、どこかの僧兵さんの出番ですよ!みたいな感じで支援と、瓦の支援の仕方、され方みたいな、私ができる範囲での知識をお教えさせて頂きました。

そんな感じで、僧兵さんもpt狩らせて頂いて。

なんと通常瓦で修得500はいるとか・・・。サボりすぎです私。まあ、レベルだけあげるのが怖くて人ptで稼ぐようにはしているのですけどね。


■里〜四神支援【僧兵】

加賀美さんのにゅうきゃらがまたできあがっていて、もう夜遅かったので四神だけでもやりまそーってことで支援。本当は洞やれると僧兵の修得うまうまなんですが、とりあえず昨日も書いた様に加賀美さんの奇妙な簡易チャットがみたくてwいきました。

僧3キャラに詠唱ということで、絶対的に火力はないものの、時間をかければ何とか行くのが里なわけで、まあなんとかいった。効率ではないけどね^^

ところで、この僧兵は他のメンバーよりもやたらからまれるんですが、なにか問題あるんですかね?説法・念仏系はいれてないですけどー。

ま、そんなところで。

ちなみに終わった後の里の両替で、密教が里にいたときにご一緒した方がいらっしゃってひさしぶりーなんて会話しました。最近みないなーと思っていたら、久しぶりのインだったのだとか。

↓帰り際にさりげなくクリックしてくれると中の人は大変喜びます↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ信On・ブログ信長の野望Onlineランキングオンラインゲームブログランキング
posted by 石澤の中の人 at 07:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。